人気ブログランキング |
いずぶろ
izblo.exblog.jp
Top
FireFox
2006年 11月 06日 |
c0062717_22231986.gif
FireFox2いれました~♪
描画速度をなんとなく向上させる技があるというので、なんでもかんでもやってみます。

C:\Documents and Settings\USERNAME\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\8桁ランダム文字.defaultの中に、user.jsを作成。
または、アドレスバーにabout:configと打ち込むと同じような設定ができるんですね。
初めて知った。

パイプラインを有効にして、同時接続数を適当な値に設定。
描画開始時間を250→0ミリ秒にして、、、、
詳細はhttp://cori95.net/firefox/11076222801.htm
のページを参考にしてくださいw
あとPDF読み込み時に固まることがあったので、DLするように設定しました。

結果!
‥ 速くなったような ‥ 気がしますw


あと色々な拡張があるのがFireFoxの魅力ですねぇ。
とりあえずCopyURL+とDLStatusBarを入れてますが、他にも便利なのがありそうです。
2006年 10月 23日 |
中古にて2900円。買っちゃいました。
c0062717_22432111.jpg


まだ2章をクリアしたところです。ちょっとストーリーに自由度がないというか、操作的っぽい気もしますが、なかなか衝撃的な展開もあり面白いです。キャラクターの動きはコミカルでイイし。
下手に3Dをぐりぐり使う最近のRPGなんかよりか、こういうほうがずっと良いですねぇ。

じっくりと、やりこんでいきまっす。




あ、そうそう。
京極の新作も出てましたよ。>兄へ
c0062717_22562668.jpg

11/5追記
大磯・平塚地域限定特装版っていうのも出てます!装丁だけで内容は一緒かな。気になる。
2006年 10月 15日 |
今回の旅行で一番印象深かったのは、世界遺産にも登録されているメテオラ。
奇岩地帯が立ち並び、そこのてっぺんに修道院が幾つも建っているという場所であります。

ギリシャ正教の巡礼地であり、14世紀頃にビザンツ帝国がオスマントルコ帝国に脅かされていた時代に迫害を避けるために建てられたとされています。今では、道ができ、階段で入ることが出来ますが、当時は縄はしごで人も物もやりとりしていたといいます。


麓の街カランパカから望む奇岩群:
c0062717_21523073.jpg


しか~し左手の崖を注目すると‥
c0062717_21551565.jpg

ん??あれ?


ぇ。なんか居てる。
c0062717_21514166.jpg

ぇぇぇ‥ おじさん、そんなとこ行ってだいじょぶなのか!?
というか世界遺産なのにピッケル突き刺してええのか?w

あ。でも、ロッククライミングは手足だけで登るんでしたっけ。
それにしても、こんなところを登ろうとしている人がいるとは驚きですw
まぁ、修道院を建てた人たちも、最初はそう言う風に登っていったのではありましょうが。


カランパカで昼食をとってからバスで上へと向かいます。
c0062717_22161547.jpg

最盛期には24の修道院があったそうですが、今では6つの修道院しか人が住んでいません。
一番最初に見えてくるこの修道院には、たった一人しか住んでないそうです。

今回は、最大の大きさを誇るメガロ・メテオロンと、尼僧院アギオス・ステファノス修道院の中を見学しました。メガロ・メテオロンの入り口↓  なが~い階段を登ります。
c0062717_22243226.jpg

メガロ・メテオロンから見るヴァルラーム修道院
c0062717_22254262.jpg

人も運んでたという滑車 (ザク・ツァロスのドラコニアンが乗ってたつるべを想像しました
c0062717_2229279.jpg

ギリシャ正教の教会は、ドーム型の屋根をしており内部にはフレスコ画がびっしりかかれています。カトリックとは十字の切り方も違いますし、聖画(イコン)を祀っているのも特徴的です。
c0062717_22354174.jpg

c0062717_22355780.jpg


ギリシャは、古代期はもちろんギリシャ神話の世界が中心で、ゼウス神殿、アポロン神殿、ポセイドン神殿など各地に残っていますが、ローマ帝国に支配され、文化的に影響を及ぼしてから、分断して東ローマ帝国(ビザンツ帝国)下でキリスト教の伝統を守ってきたという側面があります。
東ローマ帝国時代は皇帝・高級官僚・コンスタンティノープル総主教など支配階級の多くがギリシャ人によって占められていたという事実もあり、正教会(Orthodox Church)の中心的存在であったわけです。
2006年 10月 07日 |
帰ってまいりました。(といっても先週に)
深夜に出発→10時間ありぐっすり寝れたこと、帰りも22時に出発して、寝て起きたら現地時間は朝だけど、日本は昼すぎというかんじで時差もあまり感じず、しんどさのない旅行でした。
ギリシャは遺跡の国ですね。歴史を勉強して行きましたが、帰ってからまた読み直すと、なるほどな~と思うことが多々あり、楽しめます。

行きも帰りもカタール航空を使いました。カタール(首都:ドーハ)はサウジアラビア、アラブ首長国連邦(ドバイ)の少し北くらいに位置する国です。
カタールというと、あの突き刺すタイプの短剣のことを連想してしまいますが、国の名前とは関係ないみたいです(カタールはインドの武器だそうですし)

c0062717_1011725.jpg

初めて聞く航空会社だったのでだいじょうぶかいな、と思いつつ乗り込んでみると、かなり快適。
サービスもちゃんとしてますし(アイマスク・歯磨きなどのセットもでました)
機内食も、行きの朝は、温かいクロワッサンがでたりして、美味しかったです。
c0062717_10275769.jpg


産油国なので財政は豊か。国と資産家がお金を出し合ってできた会社のようです。
ドバイのエミレーツ航空みたいな感じです。投資目的ですね。
よりよいサービスと価格の安さを武器に、結構業績を伸ばしているみたいです。
日本へは、関空しか乗り入れをしておりませんが、ドーハ経由でエジプトやトルコ、ヨーロッパなどへ行くことができます。乗り継ぎが悪いという情報がありましたが、今回のうちらの旅では、行き4時間、帰り30分(これは短すぎますがw)というドーハでの待機時間でした。

航空機も新しく綺麗です。すべてがエアバスで、スーパージャンボといわれるエアバスA380も2機近々いれる予定のようで宣伝してました。

基幹空港であるドーハ国際空港は狭いです。
c0062717_10162658.jpg

免税店があるのは、この一画だけです。まぁ綺麗なところなんですけど、ここで4時間も時間をつぶせというのは厳しいですね。新しく空港を建設中とのこと。

ここからギリシャ・アテネにあるエレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港へ向かいます。
2006年 09月 10日 |
上海に行ったとき買ってきたUFO

c0062717_22325825.jpg


菜料多多、と書いてますが、干からびてます。

実は、もう一種類買ってきまして、それはすぐ食べたのですが、あまりに不味いので、
こいつもヤバイだろうと予想されます。

日清なんだけれども、大陸で作るとこうまで違うのかと。

c0062717_22352454.jpg

前のはこのソースがやばかったです。今回もツンとくる香辛料?の香りがきつい。
いちおう水晶エビ風味となっており、パッケージには、エビが沢山のってますが
この中には一匹たりとおりません。この右の油みたいなのが、風味用でしょうか。


できあがり
c0062717_2241451.jpg


ちょっと見た目は、美味しそう? ‥‥でもないか。

お味のほうは、なんていうか、、、微妙。UFOの味を想像してしまうとイケないです。
あっちで食べたら、こんなもんかなと思うかもしれない。

やはり、カップ麺は、日本が一番ですよ。
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Frost Moon Skin by Sun&Moon