いずぶろ
izblo.exblog.jp
Top
カテゴリ:多読&英語( 7 )
|
|
2007年 08月 03日 |
去年もやってたけど、今年も音声データの無料ダウンロードやってますよ。
『トム・ソーヤーの冒険』 (レベル1)
『ハックルベリー・フィンの冒険』 (レベル2)
『オー・ヘンリー傑作短編集』 (レベル2)
『ジェーン・エア』 (レベル2)
『シャーロック・ホームズ傑作短編集』(レベル3)の5つ。

去年は、トムソーヤとオーヘンリーとシャーロックホームズの冒険の3つでしたから、太っ腹だ。
洋版ラダーはレベル1でも1000語レベルの語彙ということで、SSS式ではYL3程度となるようです。(語数一覧表//YL暫定

レベル1のトム・ソーヤもなかなか聴き応えありましたよ。Retoldですが、主要なエピソードはほとんど入っていたみたいです。

ただ著作権保護付きwma形式なので、iPodでは再生できません。
そのあたりの苦闘は、過去にも書きましたね。 1  2 
音源さえもっと安くしてくれれば、本も売れるだろうになぁ。朗読も同じ人っぽいし、そんなにコストもかかってないだろと思うんですがね。

ま、とりあえずゲットして再生キーを解除しておきます。(8/1~8/31までですよ)
[PR]
2007年 07月 17日 |
Wizards of the Coast社が低年齢層の獲得を狙って、立ち上げたMirrorstone社発行の
Dragonlance:The New Adventuresシリーズ一作目

Temple of the Dragonslayer (Dragonlance: the New Adventures)
Tim Waggoner / / Wizards of the Coast
ISBN : 0786933216
総語数:66,289語


7月中は大学図書館が利用できないので、何冊か買っておいた本のひとつ。
予想以上に字が細かく、ページ数多いので、置いてたんだけど、
同じMirrorstone社発行のTime Spiesシリーズ
(これはアメリカ歴史をからめたファンタジーもの)よりか、読みやすいぞ。

60000語もあるから(今まで読んできた児童書のChapter Bookは6000-10000語)
時間はかかりそうだけど、今のところ、面白く読めてる。
(もちろん分からないところは飛ばしてる)


しかし邦訳(ネアラ 記憶をなくした少女と光の竜)は、2巻以降出てないけど、どうなんだろ。
一冊ずつ筆者が変わるってのが、ネックだと思う。
Tim Waggoner氏は、ホラー・サスペンス中心の作家みたいで筆力あるかんじがするけど、
2作目以降の作家はどうかなぁ?同じ世界を共有するのはいいけど、
こういうストーリーが続くものは、バラけて書いて欲しくないなぁ。

まぁ、とはいえ、この一作品目は面白そうです。
ドラゴンランス戦記→伝説の間のソラムニアが舞台。読み終わったらまた報告します。
[PR]
2007年 06月 06日 |
うちが多読知ってから本格的にやってみようと思ったきっかけの雑誌。最新号発売です。
創刊号から現在4冊目。創刊号はかなり良い内容ですよ。ジュンク堂にはまだ在庫あるはず。
GRの見本も読めるし、CDもついててリーズナブル?

多聴多読マガジン 2007年 07月号 [雑誌]
/ コスモピア



今回はGRの特集のようです。買うかどうかは、立ち読みしてから考えよう。
最近は児童書ばかりを読んでます。レベルを上げたので読解率は50%くらい?
わからない単語、特に動詞が出てきまくり。しかし飛ばして読んでます。
何回も出てくるとなんとな~く意味がわかるような。
読了後にオンライン英英辞典で調べてみたりすることもあります。

6/5 136冊 406202 40万語通過! 通過本:Santa Claus Doesn't Mop Floors

しかし焦ってはあかんけど、子供が異世界に行くというようなファンタジーだけじゃなくて、ドラゴンランスや指輪物語のような世界を読めるのは、まだ先だなぁ。

More
[PR]
2007年 05月 14日 |
100冊の通過本はこれ。通算285993語。
シリーズものです。こども魔女がみんなと遊びたくて‥というおはなし。
Little Witch Goes to School (Step-Into-Reading, Step 3)
Deborah Hautzig / / Random House Childrens Books
ISBN : 0679887385
スコア選択: ※※※※ (48page, YL1.0, 1299Word)


日本語ではファンタジー系の小説ばっかり読んでましたが、基本的に"物語"を読むのは好きなんだなぁと、無差別にGRを読んでて思いました。
OBWには、古典のretoldが多いので、たまたま借りた"Good Wives"がいわゆる若草物語だったり、オペラ座の怪人"Phantom of the Opera"の話のあらすじってこんなんやったんかぁ、とか。"Man of Iron Mask"を読んで三銃士の背景調べてみたりなど。

次は多読に適した児童書として有名なMagic tree houseシリーズを読み始めます。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
追伸:
先週末はずっと出かけていたので、LotROはとりあえずHDに5Gの空きを作るところから。
うちのマシンでいけるんかのー。今週末できるかどうか。一回は覗きにいきます。

独り言:
最近アクセスがふえた。なんでだろ。公開して検索にひっかかるようになったから?

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
5/17 修正したついでに追記
Magic tree houseの本編を借りようと思ってたら間違ってReseach guideのほうを借りてしまった。本編の知識補助的なものなんだけど、テーマが中世封建社会の話なので、なかなか面白い。騎士KnightのことをドイツでRitter、フランスでChevalierと言うんですなぁ。
城、騎士、鎧、武器、攻城戦などのことがかかれてて面白いです。

ただ物語ではないので、難しい単語とかで飛ばし読みすると意味がわかりづらい。
スイスイ読むとはいきませんねぇ。

Knights and Castles: A Nonfiction Companion to the Knight at Dawn (Magic Tree House Research Guide)
Will Osborne / / Random House Childrens Books
ISBN : 0375802975
スコア選択: ※※※※
[PR]
2007年 04月 22日 |
1/27~細々と(15000語程度)
4/1~大学図書館の利用でスピードアップ
現在69冊、145265語。

現在読んでいるのは下記のようなシリーズのYL(読みやすさレベル)0-2.5程度までのもの。
*GR (Graded Readers):英語を母国語としない英語学習者向けに、使用する単語を制限したレベル分けがされた本。Penguin Readers(PGR)Oxford Bookworms(OBW)Macmillan Readers(MMR)Cambridge English Readers(CER)など。
 ・CERが比較的読み応えがあり、読みやすいように思います。sample chapterもみれますよ。

*LR(Leveled Readers):英語を母語とする幼児~小学生向けに、段階的にレベル分けされた絵本。Oxford Reading Tree(ORT)Longman Literacy Land(LLL)I CAN READ BOOKS(ICR) など。
 ・ICRは公立図書館でも置いていることが多いです。特にFrog and Toadなど。これは名作ですよ。

長くなりそうなので続きを‥
[PR]
2007年 03月 12日 |
やはり易しいレベルのものを公立図書館だけで補うのは無理ですね。
語彙レベル200-300(YL1)のものを大量に読むには、それなりの環境がいります。
梅田淳久堂書店本店には洋書コーナーがあって、Oxford Reading Treeなどが結構そろってます。でも一冊500円くらいとお金かかります。2冊分の価格で4冊のお得パックもありますけども、この薄っぺらいのでこの価格か~と思うと‥。
この最初の敷居の高さがネックですね。

なので某大学図書館が使用できるまでは、今あるもので我慢です。


1.洋販が出している語彙レベル制限の段階別洋書:洋販ラダーシリーズ
このラダーシリーズはレベル1でも語彙レベル1000とYL3くらいです。

昔に、オーディオデータがタダでDLできるキャンペーン中がありましたのでDLしたもの‥
"Adventure of Sherlock Holmes" (Level3 1600語レベル)
これは本も買ってます。たまに聞き読みor聞き流しをしております。
1話が朗読30分くらいと短いので聞きやすいですね。
Adventures Of Sherlock Holmes
Arthur Conan Doyle / / 洋販出版
ISBN : 4896843169


原書のテキストと比べてみると面白いです。
テキストはこちらから‥SHERLOCK HOLMES(原書で読む シャーロック・ホームズ)

A SCANDAL IN BOHEMIA  冒頭の部分

原書:
TO SHERLOCK HOLMES she is always THE woman.
I have seldom heard him mention her under any other name.
In his eyes she eclipses and predominates the whole of her sex.
It was not that he felt any emotion akin to love for Irene Adler.

ラダー:
To Sherlock Holmes she is always the woman.
I have seldom heard him call her anything else.
In his eyes she represents the very best of the women.
It was not that Homes loved the late Irene Adler.

原書のほうは結構難しい単語が使われています。こういう風に易しくしてあるんだなぁ。
でもやっぱり、ちょっと物足りないですね。
Irene Adlerをホームズ人名辞書で探すシーンもないですし、手紙から送り主を推察する過程も簡略化されてます。あとホームズの皮肉っぽい調子も消えていて優等生ですw

このシリーズは、音声データーも公開されてていい感じなんですが、やや割高です。
内容さえ知っている(日本語訳を読んでしまってはダメですが、あらすじを覚えているくらいがちょうど良いと思います)と読むのも楽です。

よく兄の部屋でポアロだとかホームズを観たなぁ。冒頭の音楽が懐かしい。
じつは、ボヘミヤの醜聞、Yahoo 動画で無料公開されてます。この音楽ですよ。なつかしい~
シャーロック・ホームズの冒険 ボヘミアの醜聞(00:44:00)
[PR]
2007年 03月 04日 |
SSS研究会の洋書多読法

"やさしい絵本のレベルからたくさんの本をいいかげんに読む"

1. 辞書は引かない
2. わからないところはみなかったことにする
3. 読むのがつらくなったら途中でどんどんやめる

~~

なかなかイイ感じの三原則です。
100万語までレベル3の本で達成するのがいいみたいなので、購入しているペーパーバックはまだまだお預けです。


SEG Bookshopで販売しているStarter Set Aもちょっと高いので、とりあえず、図書館めぐりして絵本or児童書を探してます。でも絵本コーナーっていうのは、大抵子供用のスペースのところにあるので、探すとき少し恥ずかしいですw

自分にあったレベルの本を探す(というか借りてきてYLを検索する)のがちと面倒。
読了した文字数のカウントも面倒。1月末からちょくちょく借りてきていますが、読むのは2,3日で終わっても探しに行くのがネックであまり進みません。

Grand Readersなど学習者用のレベル別のシリーズなんかは公立図書館では置いていないことが多いみたいです。I can Read BooksシリーズのFrog And Toadぐらいです。
ちなみに、これは面白いです。愛すべきボケキャラToadと少しまともなFrogとのかけあい絶妙w こんな風に英語の本で笑えるとは思いませんでした。


幸い近くの某K大学で一般市民への公開が限定(100名&年間6000円)で今年から始まるので、申し込みしてきました。そのとき内部に侵入しましたが内はひろ~い!
学習者用のテキストもめちゃめちゃあります。4月からここを利用しまくりでがんばりますよ。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Frost Moon Skin by Sun&Moon