人気ブログランキング |
いずぶろ
izblo.exblog.jp
Top
カテゴリ:日常( 50 )
|
|
哀悼
2011年 10月 06日 |
超ひさしぶりです。

今日は、お休みなので、娘2二人を送っていったあと、
なにげにニュースを見ていましたが。。。

スティーブ・ジョブズ 死去


CEOを退いたのは知っていましたが、なんでかな?くらいで、
あまり気にしていませんでしたが、膵癌の悪化だったんですね。
膵癌の中でもまれな進行性膵内分泌腫瘍、手術をうけていても、
元々のStageが進んでいたんでしょうね。。。転移もあったんでしょう。
(あとで調べてみたら肝転移で、移植もしているんですね。。)

まことに残念です。
Appleの今後もクリエイティブな面では精彩を欠きそうな。。
Googleが吸収したりして。。。(そんなことは無いか。)


Apple’s Most Amazing Products Under Steve Jobs

The Evolution of Steve Jobs’ Clothing















*いつの間にかCMがふたつも入るのね。うっとおしいね。
震災
2011年 03月 16日 |
世の中は、地震&原発の問題で騒然としていますが、
わたくしの職場では、今週から導入した払い出し機器のトラブルで、騒然としております。
混乱が予期されるのに、無計画すぎるんだよね。東電の停電と同じか?

しかし原子炉の問題、深刻ですね。平常時の放射線レベルは、めちゃくちゃ低く設定されているから、
1000倍とか色々扇情的に報道するマスゴミにはうんざりする一方、
核燃料が溶けて、多量に漏れ出したら、とんでもない量の放射線がでるんじゃねぇの?という
ことも十分想定されるわけで、、、無事に抑制できることを願っているわけですが。

放射性ヨードの甲状腺障害予防のためのヨウ化カリウムに関するチェーンメールが
出回っているみたいですね。イソジンなどで代用は不可だし、有害なので注意が必要です。
日医工がヨウ化カリウムを震災対策用に、25万人分を用意しているという話がでています。
http://www.risfax.co.jp/
本当に必要となれば、専門家から提供されるはず(べき)です。

↓こんなのもありますが、根拠に乏しいです。
 「放射線障害に有効な薬」が登場?:ワイン含有の「レスベラトロール」
http://wiredvision.jp/news/200809/2008092521.html

とりあえず、日曜日に情報収集した放射線のお勉強関連のリストをさらします。
★今日の解説:LD50(半数致死量)を超える放射線被曝後の人体の放射化と救急治療
http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/~mizuno/q-and-a-20011023.html
★緊急被ばく医療「地域フォーラム」テキスト(平成20年度版)
http://www.remnet.jp/lecture/forum/index.html
★放射線の基礎知識
http://www.hicare.jp/09/index.html
★低線量被爆とがん
http://www.bio-function.co.jp/LD/LDBIOL.html

東京電力発表の放射線量
http://www.tepco.co.jp/cc/press/index11-j.html
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110315g.pdf
‥明らかに増えていますけれど‥想定の範囲内ですか、ね。。
2010年 11月 09日 |
c0062717_16591978.jpg

4gamerで17分のデモMovieが公開されてるーっ → LINK

音楽がイイー!!懐かしすぎるけど、知らないアイテムいっぱい。
反撃なくなっとるしw
「Fight it out」もどこ行ったw


わたくし、まだPSP持ってないけど、11月11日Amazon予約してありますw
しかも、やる暇も無いのにな。
通勤の時間くらいしかw

再来週の学会の夜は、徹夜でオウガか…

松野氏のtwitter、画像つき日記化してるし。
http://twitter.com/YasumiMatsuno
2010年 10月 25日 |
前の記事と関連して。

上の娘が、一回ちら見してから気に入って、パソコン立ち上げるたびに、
「着物きてるお化け見る~」とせがみます。

電車に乗っていくのがご愛嬌。






2010年 10月 03日 |
c0062717_190342.jpg


最近は、医療関連の講演会しか行っていないので、
パワポ使わない、生の語りだけの講演が新鮮でした。

京極氏の語りは、ゆったりとして独特のリズムですね。
ちょっとまったりしすぎている部分はありましたが、
話の展開は計算されているのでしょう。
笑いも織り交ぜながら、楽しい一時間半でした。

まずは今年で遠野物語100周年でイベントをしている遠野市の話から。
座敷童、の話から始まります。
あれって、おかっぱ頭の童がイメージ化されていますが、子供だけではなく
じいさんもいるそうです。座敷爺さんw

遠野市 http://tono100.com/tono100/

第3回怪遺産として、今年認定されました。
今でも、河童が出るという河童淵があり、山人、天狗などの伝承が残り、
そのイメージがそのまま残っているという点で、味わい深い街だそうです。
ただ、、なんか京極氏の物言いがはっきりしないところがありまして、、
歯切れが悪い。

多分、京極氏らが愛好して後生にも残していこうとしている「妖怪」とは
違うものになっていってしまう兆しが、遠野市にはあるのではないか、と
そう含ませているように思えました。

第1回認定、水木しげるの故郷、鳥取県境港市は、
元々は漁港で、後から妖怪で町おこしをしたという稀なケースで、
商業化されているのは導入部分だけで、現地の人々は、今も尚、
「妖怪」的なものと共存しているようです。

第2回認定、こなきじじいの故郷、徳島県三好市山城町は、
現地のおじいちゃん、おばあちゃんが、被り物などをして妖怪パレードなど
すごく味のある活動をしているそうです。
ここも今も尚、そういうものと共存している。

あ、ちなみに、子泣き爺は、実在するモデルが居るらしいです。
何処の誰それさんというのまで、わかっている。
赤ん坊の鳴き真似をして、外を徘徊する爺さんが居て、
子供が悪いことをすると、あの爺さんに連れて行かれるよ、と。
それって、、単なる認知症の徘徊爺さん‥ww
柳田國男も実在の老人として書いていて、それを水木しげるが、
キャラクター化して、、なんか、正義の味方的なものになっていると。
笑えますねw


まぁ、京極作品を読んだ人は解ると思いますが、
今回の講演でも、京極氏は「妖怪なんて居ません」と言い切っていました。
妖怪を研究することも出来ませんと。
妖怪にまつわる色々な事象を研究することは出来るし有意義ですが、
それは妖怪を解体してしまうことに等しいということだと。

京極氏が言うには、柳田國男は、日本人が思い浮かべる理想的な田舎の姿、
郷愁を誘う理想郷のようなものを追い求めていた節があると。
それは民俗学を確立する前に書かれた遠野物語でも同様であったと。
日本昔話のような山村なんて現実には無いわけですが、そういうイメージを
作り上げて書かれた作品であると。(つまり強烈なバイアスがかかっている)

そういう日本の原風景のようなものに、「妖怪」というものは生きていて、
現代でも、「妖怪」を通して、そういう雰囲気を味わうことが出来る。
皆さん、怪異をポジティブに受け止めることが「妖怪」なので、
味わって楽しんでくださいと。
そういうメッセージを受け取りました。

かなり内容は端折って、ワタクシの主観で感想を書きました。
内容は、他のブログなどで見てみてくだされ。であ。
2010年 09月 27日 |
今日から三連休。
しかも家には、だれも居ないし。
こういう自由時間が必須ですね。やっぱ。
なので、当直明け、寝てしまうのは勿体ない。

さて。
10月には部署異動がありそうだし、もうちょっと面白そうなことができるかな?
新人も入ってくるし。イベントごともあるし。

やはり、転職して良かったなと思いますわ。
経済的な見通しを考慮しての行動だったけど、思ったより
これからの可能性が開けてきたように思える。
ま、油断禁物だけど。


ぜんぜん話変わりますが、今週末
『10月2日(土曜日)人と本を紡ぐ会10周年記念講演会 京極夏彦さん『妖怪』を語る』
↑ この講演聞きに行きます。

たまたま、娘連れて図書館行ってたときにチラシを発見。
「京極夏彦が、大阪にぃーーー!!」ということで、
某市立病院の勉強会行ってきたついでに前売り買ってきました。
でも、そこの売り場の人、束になったチケット出してきたよ…、、売れてないんすか?

というか取扱いが、箕面市関連施設だけじゃ、わざわざ買う手間かかりすぎですもんね。
もっと大々的にしたらいいのに。

ただ、講演は14時からですが、講演時間が書いていないんだよね。
チケットに書いてあるかと思ったら、そこにも無いんだよね。
なぜじゃ?気の向くまま喋ってもらおうという粋な計らいなのか?
それに本当にテーマどおりにするとしたら、何を話してもらうの?
なぞばかりです。
それが良いのかもしれませんが。

なんやかんや言いつつも、すっごく楽しみです。
また報告しますで。では。

西巷説百物語 (怪BOOKS)

京極 夏彦 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


2010年 08月 12日 |
7月になり、立て続けにミスをする。気が緩むと、こういうケアレスが増える。
未だ敵陣、警戒怠るべからず。気概が足りないね。

なかなか自分の時間が取れないのがネック。
通勤時間を有効に活かせないかと、入力しやすいSmartPhoneを考えているけど。
AUは望み薄だな。IS-01ってなんやねん。メガネケースかw→参照
W-CDMA/HSPA方式じゃないし。7年キャリアで通話料割引がデカイとはいえ替えるべきかな。。
それともiPod Touchか。

現状まとまった時間がとれることって、まず無いし。
時間は細切れ。30分のコマを一日何個使えて、なにに割り振って、ということでしょう。
さっと入力できて、PCでも同期できる媒体が欲しいな。

医科学者のための知的活動の技法

諏訪邦夫 / メディカルサイエンスインターナショナル


知的生産を行うのに、いかにして知的財産を体系化して整理するか、というようなことが書かれていて面白いです。

まぁ、そんなことを思いつつ、通勤時間は読書につかってもいいなとか思いつつ、
実際には、女神異聞録DEVIL SURVIVORをやっていたりする今日この頃(ぇw

本も読んでます。

独裁者 “ブログ市長”の革命

竹原 信一 / 扶桑社


マスコミに叩かれている阿久根市市長の本。
確かに変わり者だと思うけど、あれだけ悪評を報道されていても、なぜ再選しているのか、
ネットを見ている人なら分かっていると思うけど(偏向報道等)
半分ほど読みましたが、なかなか面白い。多分、うちの市でも同様の問題があるのじゃないかなと。
皆、危機意識をもてるよう現状を把握できないといけないと思う。

救児の人々 ~ 医療にどこまで求めますか (ロハスメディカル叢書 1)

熊田梨恵 / ロハスメディア


妊婦たらいまわしで騒がれたことを契機に、新生児医療を取材した記録をつづったものですが、
新生児救急医療の抱える問題、障害児の家族などの現状を訴えるものとなっています。
うちも高齢出産だからNICUのあるところで産むほうがいいと思っていましたが、
実際のNICUとは一体なにか、突然当事者になった場合のことなど、なにも想像していなかったなぁと実感しています。
うちの職場にもNICUがありますから、もっと学んでいかねば。
2010年 07月 25日 |
1.あれだけSSDをどうするか迷っていたけど、結局奥さんのリビングに置きたいという希望を優先し、大衆向けかつ一体型のVaioを購入。

うちの感覚からすると、どうかなぁという感じなんだけど、
色々と調べて、出直すのもメンドクサイので。。
自分の部屋のPCを買いなおすときは厳選しよう。。

2.Calradia大陸逝ってみますた。
 アクション苦手なので、とりあえず練習しないと…。時間があれば。。

3.『タクティクスオウガ 運命の輪』15年の時を経てついに復活
 まじっすか!。PSP買わないとw
2010年 04月 25日 |
最近、うちの市立図書館では、看護系・医学系図書が充実されていっています。
なんででしょ。どういう選定基準なのか知りたいところですけど。まぁいいか。

検索・取り寄せが楽になって、予約が沢山はいっている本も、気長に待てば借りられるので
いい時代になりましたなァ。
図書館には、2歳の娘を連れて行きますが、じっくり見て探すなんてできないですもんね。
うちの娘は、まぁ絵本も好きですが、それよりウォータークーラーに夢中で、
図書館に水のみに行くといって出かけますw

さて、最近借りてじっくり読んだ本から、ぱらぱら見した本まで。

感染症は実在しない―構造構成的感染症学

岩田 健太郎 / 北大路書房



岩田先生の哲学的な考えが主に書かれています。
確かに、「病気は造られる」というか、皆が分かりやすく認識して対処するために規定されて生み出されるというのは、京極氏の怪異の捉え方にも通じるものがあるような気がします。


麻疹が流行する国で新型インフルエンザは防げるのか

岩田 健太郎 / 亜紀書房



この本は岩田先生の他の本を読んでいれば繰り返し出てくる内容なので、一般向けということなのかも。
しかし上の「感染症は実在しない」を読みながら、これを読むと、実在しないって言っておきながら、この本では、微生物が原因って言っていいのかとか、ちょろっと思います。
いやまぁ別の切り口っていうのは分かるのですが。


傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)

夏井睦 / 光文社



半年くらい前に予約して、よーやくきた。
ネットで新しい創傷治療というサイトを開いている夏目先生の本。
傷ドライパウダーとか、絆創膏などで傷を乾燥させるのは、実は最善のやり方ではないということで。
2,3年前にHPを見て、褥瘡学会の裏でやっている研究会にも参加してみて、なるほど~と目から鱗でしたね。
でも今の日本では、ハイドロサイトフィルムなどは医療材料で一般に売られていないし、最近商品化されているものは少々割高なのが問題です。キズパワーパッドとかですな。
アジアの各国でドラッグストアを経営しているWatsonsが出しているやつなんかと比べると倍くらいします。
まぁでも常備しておくといいかもー?
2010年 04月 11日 |
入職して7日経ち、徐々に内情もリサーチしやすくなっております今日この頃。
システム的にには素晴らしいのですが、エーッと思うことも色々あります。
まぁまぁ、でも、ぼちぼちやっていきますヨ。


さて、せっかくなので、医学図書館を使い倒そうと画策しております。
もともと本は好きで、「大型書店や図書館で1日過ごせ」と言われれば、
まったく苦なく過ごせそうな気がします。あ、飲食できないならキツイですw

とりあえず本学の図書館は職員証でパスできるみたいなので、とりあえずリサーチ。
文献検索も自宅でできるよう設定できそうですな。VPN接続か。CiNiiも使えそう。
まぁちょっと古い本が多いですね。とりあえずざっと見て、ネット登録してから退散します。


今の図書館利用環境は、まず市立図書館でしょ。
最近は、ネットで予約ができるし、同市内の分館から取り寄せも簡単だし、すごく便利です。

そんで、卒業した大学図書館、これも薬学系図書館が使用可能です。登録料無料。
でも、あまり行ってないから期限切れてますw

さらに、めちゃ近場の某大学図書館。ここは市民登録できるので、年間使用料払って登録していました。
でも、協定大学教職員扱いで、無料利用ができそうなので、申請。ここもこれから使用可能だ。
多読用洋書が沢山おいてありますし、生物学・医学書も結構あり。

お~、なんかちょっと調べ物には、最適な環境になりましたね。
しかし調子に乗って、借りすぎると読む時間が無いわけで。
買った本なら、積読ができますが、借りていると2週間ていうのはあっという間。
何も読まずに返すのは癪なので、読むために借りているのに気づけば
借りたために時間作って読んでいるということになりますw

ほんと最近は図書館も便利になりましたし、大学図書館も一般公開されるところも増えてきましたね。
でも、ますます出版業界としては大変なんじゃないかなと。
本が好きな立場としては、やはり新品を買うのも大切だなと思っておりますね。
特に、子供にぜひ読んでほしいものは、版切れになる前にすぐ買って、揃えておいて、
それとなく書棚に蓄えていこうと思っております。
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Frost Moon Skin by Sun&Moon